税金用の積立預金

自営業を営んでいる私にとっては3月は税金の申告と納税があるので毎年頭の痛い季節でもあります。いろいろ節税できることは考えて実行していますが、節税と言う面では消費税はほとんど節税することができない税金でもあります。

消費増税の影響で消費税の納税がかなり増えることを覚悟しなければならなくなりましたが、お客さんから預かる消費税ですが、いったん自分の懐に入ってしまうと、預っている税金だという感覚が希薄になってしまうので、4月から消費増税を一番に考えた税金用の積立預金を始めました。これは毎月の一定額を当座預金から移し替えるということで、納税分に近い額を積立預金で残しておくという役割があります。そうすれば、3月に納税しなければならないお金の工面に苦労するということが少なくなるのではないかという目論見があります。

今年から始めたので実際に自分の思い通りに行くかどうかはわかりませんが、悪くないやり方だとは感じています。