納める税金が負担になった時の節税意識

国に納める税金は、国を維持するために必要不可欠なものであり広い目でみれば国民のために役立つものでもあります。税金を納めることは当然であり、本来率先して行うべきものです。とはいっても、この税金を納めることが国民の生活の負担になっていることも事実です。

生活にゆとりがある人なら、納める税金のことで右往左往することはないのかもしれません。しかし、国民の大部分の人はそれほど生活にゆとりがあるわけではありません。1円でも安い店を探すために遠出をしたり、バーゲンセールの日を狙って買い物したりと創意工夫して生活しています。納める税金を少しでも減らすために節税を意識するのは自然の流れです。

節税を意識するといっても、国民にできることはたかがしれています。所得税であれば、扶養や生命保険などの所得税控除を忘れずに申請することが大切です。消費税であれば、金額の高い買い物はなるべく控えるしかありません。

節税を意識している人は何も税金を納めるのが嫌で行っているわけではないのです。生活苦のためにしかたなく行っている人が大部分なのです。